家にあるドライヤーで出来る車の修理

良くある車の故障と言えば、「へこみ」でしょう。気を付けていても何かの拍子にゴツンとやってしまうこともあり、大きなショックを受けてしまいます。通常、キズやヘコミの修理に関しては専門業者に依頼することが多いのですが、ちょっとしたキズやヘコミであっても高額の修理費用が掛かってしまいます。もちろん、プロの業者に修理を依頼すれば完璧に仕上がりになります。滅多にそんな機会はないと言う人ならばまだしも、比較的ぶつけてしまうことが多い人の場合はそれだけで大きな負担になってしまいます。もし、そのコストが負担となって「直さない」と言う選択をしているのであれば、いっそのこと「自分で直す」と言う方法を選択するのも一手です。思いのほか車の修理は難しくないので、ぜひ覚えておくと良いでしょう。

「ヘアードライヤー」で出来る車の修理

女性ならばほとんど、男性でも使っている人の多い「ヘアードライヤー」を使うと、車のヘコミを修復することが出来ます。しかも、ちょっとしたヘコミだけでなく大きなヘコミにも対応できるので、覚えておくと重宝します。基本的な原理としては、「形状記憶」や「材質」が関わってきます。特性を上手に理解したうえでの修理方法となる為、正に目から鱗と言える方法です。インターネットなどで方法を検索すると、動画付きで解説されています。実際に取り掛かる前に見ておくと、やり方や注意点などを知ることが出来るのでおすすめです。業者に依頼した場合、下手をすれば10万円を超える修理費用が掛かることもあります。それが数千円で済むのですから、誰が見ても「お得」と言わざるを得ないでしょう。

「温める・冷やす」でへこみが治る

具体的な方法を紹介します。詳しくは動画やネット上の解説記事を参考にしてもらうとして、ここでは簡単な内容を紹介するに留めておきます。まず、バンパーなど「樹脂製」の修復に関してです。樹脂製のパーツは温めることで軟化します。どろどろになると言う訳では無く、素手で簡単に形を変形できる程度に軟化させることが出来るので、この性質を利用してヘコミを修復することが出来ます。ドライヤーをヘコミに当てて温度を上げ、樹脂が軟化した段階で裏から押して形を整形します。比較的大きな傷でも修復することが出来るので、単純に数万円のコスト削減になります。次に「鉄素材」の修復についてです。こちらはドライヤーで温めた後に「冷やす」という方法で修復が可能です。形状記憶性質が働いてヘコミが修復されます。

Comments closed

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし