車を修理に出すならディーラーよりも板金屋

車を修理に出す場合、どこにお願いするかによって費用が大きく変わることがあります。例えば、ディーラーに修理のお願いをした場合、板金屋などにお願いするよりも高くつくことが指摘されています。これは修理すべき場所、故障している箇所だけを直すのではなく、これを機会に車のメンテナンスをしておきたいというところから様々な場所の確認をし、今のうちに部品の交換をしておこうという思惑が働くためです。しかし、車のユーザーからすれば、故障したところ、修理してほしいところだけを直してほしいと考えるものです。ディーラーに頼むとそういうことが予期されるため、板金屋などに最初から修理依頼を出す人が増えています。他にも板金屋に直接頼んだ方がいい場合もあるなど、故障したらすぐにディーラーと決めるのではなく、見積もりを取ることから始めることが大切です。

ディーラーの方が高くなりがちな理由

ディーラーに修理してほしい車を持ち込んだ場合、ディーラーが直接修理を行うわけではありません。たいていの場合は下請けの板金屋に修理してもらい、その品質チェックをするのがディーラーの役目です。ユーザーとしてはその出来上がりに不満があればディーラーに注文をし、その注文を下請けの板金屋に伝えるということになります。業者を介する分、高くなってしまうのです。一方、直接板金屋に依頼することで費用は当然ながら安く抑えられます。ディーラーにお願いしても結局のところは外注になる以上、ならば直接お願いした方がいいのではないかというのが最近の傾向です。不満があった場合などは板金屋の職人に直接伝えなければなりませんが、そうしたことが特に面倒だと思わない場合にはそうした方が効率的です。

腕利きの板金屋をどう見つけるかも大事

板金屋に依頼すれば安く抑えられることはわかったとしても、その板金屋があまりに頼りない場合、もしくは仕事ぶりが雑だった場合は時間もかかり、費用も高くつくということがあります。板金屋に頼む前提としては腕利きであるかどうかが鍵です。こうした腕利きの板金屋を見つけるためには、口コミの情報やネット上での評判、あとは周囲の人から聞いた話などで見つけていくことが必要になります。そうした情報がない場合には安全策でディーラーに任せた方がいいでしょう。ディーラーの下請けをする板金屋は腕利きであることが多いだけでなく、ディーラーが直接行う場合は確かな品質であることが多いことが言われています。腕利きの板金屋を知っている場合、もしくはそうした板金屋を調べ上げた場合に直接依頼するというのがいいでしょう。